目黒駅徒歩30秒の整体は「BS目黒駅前整骨院」

坐骨神経痛でお悩みのあなたへ

 

坐骨神経の痛みってどうして起きるの?と

そんなご質問を整骨院でいらっしゃる方から頂くことが多いです。

 

何故こういった疑問を頂くのかを考えさせてもらうと、

レントゲンやC TやM R Iなどを撮って脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアや腰椎すべり症など骨の問題が見つかる方がいてそこから全ての症状が起きていると言われるからです。

神経が圧迫されている画像を確認はできますが、症状がでていない方もいるため原因が変わってきます。

お薬を処方されることでお身体が良くなる場合もありますが、そうでない方もいらっしゃいます。

 

色々な方の背景はございますが、その方の坐骨神経痛の原因を突き止めることが何よりも大事です。

 

まず坐骨神経とは腰椎と呼ばれる5個の背骨の椎体から構成されています。その椎体の間には椎間板と呼ばれるクッション板の役目を果たしています。その腰椎には靭帯や筋肉などの組織で支えられています。

椎体の後ろには脊髄が走行していて椎体と椎体の間から脊髄神経が足の先まで枝分かれしています。とお尻から膝裏、足の先まで通っている神経です。

人体で一番太く長い神経と言われています。

 

坐骨神経が圧迫されて神経自体が引っ張られることで痛みや痺れを引き起こすことをいいます。

 

では何が原因なのか?

 

姿勢が関わってきます。反り腰、丸腰、出っ尻です。

大事なことは神経に対して負担のかからない環境を作ってあげることが大事になってきます。

それがいい姿勢になってきます。

悪い姿勢というのが、出っ尻や丸腰や反り腰ということです。

神経がお腹の高さで神経の束にお尻の下から出てくるのが坐骨神経です。

チューブを坐骨神経とします。

例えば出っ尻+反り腰の方ですと坐骨神経を緊張させている姿勢だと確認できるかと思います。

IMG_6338

 

 

これを姿勢を出っ尻+反り腰の姿勢から戻してもらうと坐骨神経がたわむようになります。

IMG_6343

 

その姿勢を作っているのが筋肉になります。

そこを柔らかくしていくことで正しい姿勢を取り戻せて坐骨神経痛を改善することができます。

お尻の外側〜太ももの横の外側と太ももの表側のストレッチです。

では今回はその部位別ストレッチを2点お伝えさせて頂きます。

 

最初はお尻の外側〜太ももの横の外側のストレッチです。

 

まず足を組んで頂きます。

IMG_6344

そのままへそからお身体を前に倒してください。

IMG_6345

伸びていますか?

無理せずに20秒〜30秒伸ばしていきましょう。

 

その際に注意点は、頭、肩、お尻までまっすぐでないと伸びている感覚が

得られないため、お身体が丸くならないように気をつけていきましょう。

 

 

次は太ももの表側のストレッチです。

太ももの前側をストレッチするとなると膝を折りたたんで正座の姿勢になります。(太ももを折りたたむ写真)

そのままお身体を後ろに倒すだけです。

IMG_6350

 

 

伸びていますか?

こちらも20秒から30秒伸ばしていきましょう。

 

※注意点は腰を反らせようとしてしまうと腰にご負担がかかるため

後ろにお身体を倒す際は丸くなるように伸ばしていきましょう。

IMG_6351

 

 

いかがでしたか?

 

今回は坐骨神経痛とは?また坐骨神経痛の原因、坐骨神経痛の対策ストレッチをお伝えさせて頂きました。

整骨院にご来院される方のお話しから展開させて頂きましたが、

あなたのお悩みの坐骨神経痛の改善されるヒントになればと幸いです。

ここまで読んで下さってありがとうございました。

目黒の整体は「BS目黒駅前整骨院」口コミで評判 PAGETOP