目黒駅徒歩30秒の整体は「BS目黒駅前整骨院」

帯状疱疹とは?

帯状疱疹は、水ぶくれを伴う発疹(水疱)が

皮フに存在する神経に沿って帯状に現れる疾患です。

過去に水疱瘡にかかったことがあると、水疱・帯状疱疹ウイルスが体の中に無症状で

長時間滞在します。

原因となる水疱・帯状疱疹ウイルスは、成人の9割以上が抗体を持っています。

通常は生涯に一度しかかからず、日本では6~7人に1人がかかるものだと

推定されています。

皮フや粘膜に起こる症状とは?

帯状疱疹は、皮フと粘膜の症状があります。

突然発疹が出るのではなく、神経痛や知覚の異常が数日から1週間続きます。

皮膚症状

皮膚の症状は、神経がある方向に沿って体の片側にだけ現れることが多く、

水疱は2~3日で膿を持ち、血を含む可能性があります。

神経痛

症状が出る箇所と同じ場所に神経の痛みが出ます。痛みの強さは人それぞれで、

寝られないくらいの強い痛みから、軽い痛みを感じる方もいます。

「ピリピリとした痛み、針を刺されるような痛み、ものが張り付いたような違和感」など

痛みの感じ方も様々です。

帯状疱疹はなぜ起こるの?

子どもの頃などに、初めての感染で水疱瘡を発症したのち、

帯状疱疹ウイルスは体外に排出されるのではなく、神経細胞に残ります。

通常時は体内にウイルスが存在していても症状が、体の免疫機能が下がると

体内に滞在していたウイルスが活性化して症状が現れます。

詳しくは下記をチェックしてみて下さい。

IMG_0213IMG_0215

目黒の整体は「BS目黒駅前整骨院」口コミで評判 PAGETOP