目黒駅徒歩30秒の整体は「BS目黒駅前整骨院」

むくみでお困りのあなたへ

IMG_6554

足の浮腫み(むくみ)って何で起きるのか?

今回は足のむくみについてお話ししていこうと思います。
当院にいらっしゃる方でも朝起きた時にむくんでいる方や一日の後半になると
足に重だるさがでてきて、靴下やストッキングの痕が残っている経験をしている方が殆どです。


むくみを医学的にいうと(浮腫)といいます。
まず自分達の身体は約60%が水分でできています。
この体内の水分のうち2/3は細胞の中に含まれていて、
残りの1/3は血液に含まれ細胞と細胞の間を満たしています。
この細胞は細胞に栄養を送ったり、老廃物を除去する役割や細胞と血管の中をお互いに行き来して
身体の中の水分バランスを保っています。
このバランスが崩れると、細胞と細胞の間に水が過剰に溜まった状態が(むくみ)です。
殆どのむくみが病気と呼ばれるものからくることはありませんが、
中には腎臓や腎臓の疾患、ホルモンの関係でむくみになります。

むくみの影響となることは何があるか?

①長時間の同じ姿勢

心臓から一番遠い足の血液を循環させるのは、心臓の力だけでは負担がかかるため、
ふくらはぎの筋肉がポンプとなって血液を押し上げています。
デスクワークや立ち仕事など長時間同じ姿勢でいると
、ふくらはぎの動きが少なくなりポンプ機能がうまく働かなくなります。
その結果、足の血液が心臓に戻りにくくなり、むくみに繋がります。
そのため、運動不足でも同じような原因でむくみが起こりやすくなります。

②栄養不足や塩分の摂りすぎ
カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルやタンパク質が不足すると
、むくみが出やすくなります。
塩分の高い食べ物をとりすぎると、むくみの原因になります。
塩分には水分を抑え込む作用があるため、余分な水分を上手く排出できなくなり結果
体の中に溜まってしまう。

③女性に多いむくみ

女性ホルモンの影響により月経前の時期は身体に水分を溜めこみやすくなり、むくみやすいです。
更年期はエストロゲンというホルモン減少からホルモンバランスの乱れや、
血管の拡張や収縮をコントロールする自律神経のバランスの乱れにより、
血流が悪くなりむくみが起こりやすくなります。

④臓器の障害
心臓の働きが低下すると、心臓から全身に血液を送れなくなります。
となると腎臓にいく血液量が少なくなり、尿を作る働きが低下します。
尿が作れないと水分を体内に溜める事になりむくみます。
血中にはアルブミンという蛋白質があり
、これは血管に水分を取り込んだり、排出したり濃度を調整しています。
肝臓や腎臓に何らかの障害があると、アルブミン量が低下して、
血管の水分調整が効かなくなり、むくみの原因になります。

どうやってむくみのチェックをしたらいいのか?

足の内くるぶしから指3本分以上あたりを指で20秒〜30秒押しましょう。
IMG_6545

IMG_6548

※指を押して離してから押した痕が戻らなければむくみの傾向があります。

立ち仕事やデスクワーク、運動不足などで足にむくみを感じる人は重力の関係で
身体の下の方へ水分が溜まりやすく、朝起きた際に顔がむくみが出る方がいます。


むくみ対策ってどんなことがあるか?

①お風呂に浸かる
湯船に浸かると水圧がかかります。
足に溜まった血液を心臓に押し戻してくれます

②足の運動
足首を回したりかかとを上げてつま先立ちを繰り返す動作や
足を意識的に動かす時間を作りましょう。
心臓に押し戻せるように積極的にふくらはぎの筋肉を使いましょう。


③ミネラル
身体の中の水分はナトリウムとカリウムでバランスを保っています。
ナトリウムを摂取しすぎると細胞内の濃度が一定に保たれて
水分も一緒に細胞内に取り込みむくみを起こします。
カリウムは体内の余分なナトリウムを排出する役目があるので、むくみ改善に繋がります。
※腎臓の機能が低下している方はカリウムを多く摂取すると腎臓に負担がかかるため要注意。
食品だとほうれん草や枝豆や小松菜の野菜など、バナナやキウイなどの果物に多く含まれています。


④たんぱく質
ダイエットや偏った食事により、たんぱく質の摂取が少ないと
血液中にあるたんぱく質のアルブミンが低下します。
アルブミンは血管の中と外の水分量の調整に関わっているため、
不足すると水分が血管の外に流れてむくみになります。
たんぱく質は、牛、豚、鶏、卵、大豆製品、魚類、チーズなどに多く含まれています。

いかがでしたか?

今回のお話しがあなたのむくみの改善のお役に立てれば嬉しいです!
適度な運動や栄養の摂取を意識して日常生活を過ごしてみましょう。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
目黒の整体は「BS目黒駅前整骨院」口コミで評判 PAGETOP